■プロフィール

がみ

  • Author:がみ
  • 趣味が多すぎて困ります。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
アンプの修理
お友達の、R-K1000です。
某オークション?で買ったら予想外の故障と言うことで
こちらで見ることになりました。

外観は、いたって普通ですが、ボリュームがグラグラです。
多分、ボリュームを強打したのでしょう。
VR正面

まず、現状を確認しまと…
ボリューム陥没
表示基板破損&パターン切れ多数
フロントサブパネル破損
思っていたより重症かも。

取り合えずフロントパネルを本体から外して、
フロントパネル、サブパネル、表示基板と、分解出来るところは分解します。

最初はサブパネルの修正です。

ボリュームが付いていた部分が円形に見事に割れて、分離しています(汗)
まず、割れている所をプラスッチク用ボンドで接着します。
さらに強度が心配なので、その周りを裏からエポキシで固めます。
VR裏エポキシ
VRボンド

ボンドが乾いたら、表側にはみ出してきたボンドや、
塗装のハゲが有りますので軽く紙ヤスリで表面をならして、つや消しブラックで塗装します。
VRヤスリ
(画像は塗装前)

次に基板の修正です。
見事に亀裂が基板を横断していますので、パターン修正をします。
基板修正開始
削って半田盛りという手もありますが、パターンが細いためジャンパー線にて修正します。
基板修正中
1日4本・・・2日で8本・・・何本ジャンパーしただろうか・・・
一通り修正が出来ました。

ここでちゃんと表示が点くか確認・・・
表示OK
無事に点灯!ココまで来れば後は楽だな。

VRナット完成
音量調整用VRは、元々は基板に半田付けのみで止まってますが、基板が割れて弱っているので
サブパネルにナットで固定して基板に負荷がかかりにくいように修正しました。
多分、ボリュームを回したときのフィーリングも多少良くなると思います。

基板裏完成
パネルと基板を合体させて完成!・・・のハズが、入力切り替えが上手く行きません(汗)
なので再度分解(涙)

セレクタSW破損
なんと、セレクターSWも破損・・・こちらは基板が小さくガッチリ付いているので
力の逃げ場が無く、セレクターSW本体が破損した模様。

セレクタ修正
プラスチック破損&カシメ部分を修正して取り付け。

ようやく完成。
K1000完成
ちょっとお借りできるみたいなので、色々と聞いてみますかね。







Home Audio事業部 | 23:00:12 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2017-05-04 木 18:23:32 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。